ABOUT

当事業所について

当事業所について

GREETING/CONCEPT

ご挨拶

就労継続支援B型事業所 アトラス 代表 前田 五大(マエダ ゴダイ)

私は22歳頃に『目に見えない障害』があることを当時の職場で知りました。

『目に見えない障害』なために、誰からも理解されずに辛く苦しい日々を生きている人がたくさんいることを知りました。
それと同時に、『目に見えない障害』のある人の周りにいる人たちも、同じく苦しみ悩んでいることを知りました。

自分自身、子どもの頃から社会人になるまで周りと価値観が合わなくて、生きづらさを感じて生きてきました。
そして、障害のある人にとって働きやすい企業は障害のない人にとっても働きやすい企業だと考え、会社として達成したい目標を『働きやすい社会を創る』と設定しました。

社会を楽しく生きていくためには自己肯定感が重要だということに気付き、法人として施設としても自己肯定感の向上に注力しています。
相手が何者であっても、自分の価値観で決めつけることなく、常に常識を疑いながら柔軟に接していきたいと心掛けています。

これからも障害者の就労支援を通じて、障害のあるなしに関わらず、誰にとっても生きやすい社会の実現に向けて精進していきたいと思っております。

就労継続支援B型事業所 アトラス 代表
前田 五大(マエダ ゴダイ)

社訓

働きやすい社会を創る

私たちは

  1. 一人はみんなのために、みんなは一人のために
  2. うまくいけば周りのおかげ、うまくいかなければ自分のせい
  3. 思いやりの心をもって生きる

の3つを大切にしております。

私は発達障がいをもつ人との出会いで人生が変わりました。

人は誰でもやればできる。できることをできるだけやる。人にはたくさんの可能性があることを学びました。

働くことが困難で障がいのある方々にとって働きやすい社会になることは
今働いている人にとっても働きやすい社会になるのではないかと信じています。

それを実現させるためにこの事業を始めました。

まず社会全体に障がいというものを知ってもらい。

障がい者就労支援施設の存在を知ってもらい。

労働力の問題、雇用の問題など、社会や企業が抱えている課題を共に解決していければと思っております。

今私たちには数多くの仕事が必要です。

なぜなら利用者様の工賃や賃金向上につながるからです。

企業様からいただく仕事をさせていただくことで、利用者様の生活の向上、可能性が広がる、
また雇用につながるなど良い波を起こし続けることができます。

一人で成せることではありません。皆様のご協力が必要です。

皆様と協力し、大きな力で良い社会を創っていきたいと考えています。

アトラスでは、5つの理念を大切にしています

手厚さ

手厚さ

就労に関する支援はもとより、そのご利用者様の将来的な生活などをふまえ、まずは全てを受け入れること(肯定)から始め、目標設定、指導と段階を踏んでいき、先を見据えた支援を行います。

無理をしない・させない

無理をしない・させない

ご本人に過度な負担をかけ、無理を強いるような支援では本末転倒です。支援者本位の支援になることなく、ご本人のなりたい人物像に向け、スモールステップで自然と回復・成長できるような支援を心掛けています。

強みを伸ばす

強みを伸ばす

誰しも必ず良い部分、強みはもっています。反社会的で社会生活を営む上で問題となる面以外は全て受容し、その方の良い面を伸ばし、自信をもって生活できるようになっていただきます。

完全個別の支援体制

完全個別の支援体制

利用者様をひとくくりに考えてしまうことはもってのほかです。一人の人間として真正面から向き合い、支援者とご利用者様という関係性に加え、人として当たり前の支援を行います。

自尊心・自己肯定感の向上

自尊心・自己肯定感の向上

スタッフの声掛け、言葉遣い、伝え方の徹底(プラスな言葉だけを遣うなど)。努力の過程を評価する、など。ご本人様を受け入れ認めることにより、ご本人様が他を受け入れ認められるように、自尊心や自己肯定感を高める支援を行います。